わたしは、やぼうにみちている

わたしは、やぼうにみちている

物欲だらけのしがないOLがちょっとでも豊かに暮らすためにかんがえる。あとミニマリストになりたい

まとめサイト断ちして1ヶ月経ちました。変わったこととメリット

f:id:smyth0612:20210423073241j:plain

1日の大半の時間を占めていたネットサーフィン。

その中でも、「まとめサイト」を巡回する時間の割合がとても多く、ただただゴシップとかに流される日々でした。

 

そんなまとめサイト巡回を断ち切って早1ヶ月が経過。

あくまで個人的に感じたメリットをまとめていますが、きっと当てはまる部分もあると思います。

結論から言うと、まとめサイト断ちは本当にオススメです!

毎日が健やか……に感じる

 

 断ち切ったきっかけ

ある日、ふらふらと寄った書店で、とても心に刺さるタイトルの本が目に入りました。

スマホ脳』と『ニュースダイエット』です。

どちらも、不要な情報が人間にとってどのような影響があるか、ロジカルに説明している本。

 

秒でレジに持っていき、2冊を3日で読破。

自分にとって関係ない、不要な情報の摂取は、アルコールと同じ(スマホ脳ではドラッグとまで表現してた……。)。

可処分時間を奪うために、コンテンツの提供者はあの手この手で必死になっている。

そんな内容に衝撃を受け、デジタルデトックスを始めたのがきっかけです。

手始めに、まとめサイトのポータルをブックマークから削除しました。

 

閲覧をやめてのメリット

隙間時間が減り、まとまった時間を手に入れた

まとめサイトを見ていると、ついつい10分とか15分とか経っちゃいませんか?

意識してても「あ、いつの間にか10分も見てた!」みたいに、時計を見るたびにびっくりします。

 

ホントこの10分がクセモノで、いろんなタスクが後回しになっちゃう。

結果、疲れる→休憩がてら まとめサイト→なんとかタスクやる→疲れる の無限ループ。

隙間時間に支配されし1日になるのです。

 

まとめサイト断ちしたところ、10分くらいの隙間時間がなくなり、結果まとまった時間を手にすることができました。

 

気力が温存され、自制心がついた

まとめサイトを見ると、ちょこちょこと気力が削られていきます。

自分に関係のない情報に「ああでもない」「こうでもない」と判断をするからです。

 

そういった小さな判断の積み重ねで疲れる。

そして、ついついダラダラして翌日に疲れを持ち越すということを繰り返していました。

 

それがなくなり、当日の疲れに当日中に決着をつけられるようになりました。

すると、やるべきこと・やらなきゃいけないことをすぐに片付けられるように。

つまり、頭のリソースを適切な場所に使う、『自制心』を取り戻せ、日に日に強化されていっています。

 

先延ばし癖がなくなった

ちょっと上記と被るかもしれないですが、

隙間時間がなくなることと、気力が残ることで先延ばし癖がなくなりました。

 

家事とか、お風呂とか、ちょっと動けば済むことを5分10分先延ばして積み重なる。

気がつけば膨大な時間が過ぎています。

その焦りが気力を奪うという、負のスパイラルに陥っていました。

 

無駄な判断×焦り で、もう疲れはMAXに(気力は雲散霧消。)。

でもまとめサイト閲覧を日々の習慣から外すことで、先延ばし癖がなくなりました。

 

睡眠時間と質が向上

時間と気力が生まれれば、やるべきことはひとつ「寝ること」です。

まとめサイトを見てダラダラしていた頃は、先延ばしとかで結構睡眠時間を圧迫していました。

 

当時の私は、最強に盛大な勘違いをしていました。

こんな感じで、

「疲れた」

→「体を休めよう……」

→「横になってスマホを見よう……」

→「横になれば体は休まる……」

といった謎理論で暮らしていました。

 

でも逆に疲れるわ、ブルーライトとかで眠れなくなるわでメリットなし!

まとめサイト断ちしてからは、時間確保はもちろん、ブルーライトの量も減ったので眠りの質も向上しました。

 

正直、依存してた、依存から脱却する方法

振り返ってみると、正直依存していました。

当時はそんなふうに思ってなくても、思い返せばそうだったなーと。

いや、自称「情報ジャンキー」だったので完全に依存症だったかもしれません。

 でも、情報ジャンキーならもう少しマシなインプットしなよって感じですよね。

 

そんな私が、まとめサイト依存から脱却した方法はふたつあります。

スマホ依存を自覚すること

まとめサイトから、今まで得たものを振り返ること

です。

 

スマホ依存を自覚すること

スマホ依存を自覚することとは、「自分はスマホ中毒である」と認めることです。

街中でずっとスマホを見ている人、エレベーター内やトイレの隙間時間にスマホを見る人、みんな仲間です。

その輪に入りたいなら別ですが、正直、カッコ悪くないですか?

そんなカッコ悪い仲間に自分もいる。それをしっかり自認することから、スマホ依存を自覚していきました。

 

「そんな輪に入りたくねー!!」という思いから、脱却を決意。

常にそう思う(思い込む)ことで、自然と離れていくことができました。

 

まとめサイトから、今まで得たものを振り返ること

まとめサイトで得た知識が、果たして自分の人生の役に立ってきたか?と自問しました。

結果、人生に役立った情報はあんまりなかった。

 

その後Kindle Unlimited契約して、何冊か読んだほうが、人生に役立ったと実感できる情報は多かったです。

初めは月額がもったいないって理由で読みまくってましたけど、結果いろいろなことへのモチベーションがかなり上がった。

超回収してるんでOKです!

 

まとめサイトは確かに、流行に敏感だし、最新のニュースを誰かの感想付きで見られる。

時間も潰せるしラッキー!とまで思っていました。

でも、なんとなく時間がないなぁとか、疲れるなぁって感じた時に、スマホ脳とニュースダイエットを読破。

「あれ?まとめサイト閲覧も原因の一つなんじゃ?」

と思った時に、依存症が治りました。

 

◆時間を有意義に使えば、充実感が増える!

そこからは、もったいない時間を減らして、極力有意義に使うよう心がけています。

まだまだできていないことも多いですが......。

 

一ヵ月のまとめサイト断ちの結果、時間の使い方が以前より全然うまくなったと思います。

あと、結構真面目に、見なくても死なないってことがよくわかりました。

 

今まであてていた時間を、自分の趣味などに使うことによって、日々の充実度が全然違います。

ぜひ、ニュースダイエットならぬ「まとめサイトダイエット」、実践してみてください!